コンテンツ‎ > ‎

20120608 「暴排条例と暴対法改定に異議あり 6.14集会」

2012年6月8日


各位


暴力団排除に名を借りた警察の天下り量産法に反対する会

よびかけ人 小谷野毅(全日建)/設楽清嗣(東京管理職ユニオン)/高井晃(東京ユニオン) 


 【院内集会第2弾!】

「暴排条例と暴対法改定に異議あり 6.14集会」のごあんない

 

 5月31日、暴排条例と暴対法改定に反対する院内集会を参議院議員会館で開催したところ、国会議員、メディア、労働組合、市民運動など各分野で活躍される方々が80人以上も参加しくださり、熱気あふれる集会となりました。

 国会議員としては、質問趣意書を提出された又市征治参議院議員(社民党副党首)が、「暴力団排除に名を借りて警察が企業活動や労使関係のなかにまで入りこんでくるしくみをチェックする必要がある。秘密保全法、憲法改悪などと一連のものとして考えるべきだ」と提起されたほか、照屋寛徳、吉田忠智、服部良一、福島みずほの各議員が参加、発言され、民主党からも参加がありました。

 集会では、表現者の声明を出した、田原総一朗(ジャーナリスト)、青木理(ジャーナリスト)、鈴木邦男(一水会顧問)、宮台真司(社会学者、首都大学教授)、宮崎学(作家)の各氏が、肥大化する警察と自粛するマスコミ、排除の論理が大手をふる時代に警鐘を鳴らしました。村上正邦元労働大臣も会場から飛び入り発言。「異議ありなんてまだるっこしい。反対議連をつくるべきだ」と熱烈に訴え、満場の拍手を集めました。

 この集会の成功で、国会議員のみなさんや法曹関係者のあいだにも、暴排条例と暴対法改定の危険性を指摘する声が急速に広がっています。他方、いよいよ内閣委員会での審議がはじまるとの情報もあります。

そこで下記の通り、「第2弾の院内集会」を急きょ開催することにしました。ぜひとも多くのみなさまが御参加くださいますようご案内致します。



「第2弾! 暴排条例と暴対法改定に異議あり 6.14院内集会」

6月14日() 10:45開場 11:15開会(12:30終了予定)

参議院議員会館 107号会議室(10:45から会館ロビーで通行証を配布します)

(1) よびかけ人からの経過報告

(2) 発言 海渡雄一さん(弁護士/前日弁連事務総長)、山下幸夫さん(弁護士)

(暴排条例廃止と暴対法改定反対の意思を144人の弁護士=別紙=が表明してい

ます。このうち大阪の弁護士グループからも発言をいただく予定です。)

    (3) アピール 「表現者の共同声明」のよびかけ人から

(4) 政党国会議員の連帯あいさつ


連絡先 台東区浅草橋4-4-1 全日建気付(電話03(5820)0868 FAX03(5820)0870

敬具


※別紙の弁護士リストは省略



Comments